トップ 設立趣意  選挙活動 研修情報 活動報告 役員名簿 入会案内 寄付のお願い

 私たちは、保健医療福祉等の領域において、作業療法(リハビリテーション)が大分県民の健康的な生活の維持向上に寄与するために、(公社)大分県作業療法協会と全面的に協力し活動する政治団体として「大分県作業療法士連盟」を設立することとしました。

 私たち作業療法士は、対象者の機能や能力の改善を図るだけでなく、その方々が心ゆたかに活き活きした生活(人生)を獲得できるよう支援する専門職です。
 
 数あるリハビリテーション職種の中で、最も生活の質を向上させる技術を有し、対象者の自律した地域生活を支援する専門職と認識しています。

 私たち作業療法士が日々多くの対象者の方々に関わる中で、「政策的にもっとこうあるべきではないか」、「こうあれば、この方々は○○できるのに」といったことを考えさせられることがしばしばあります。
 
 このような現場で感じる多くの事柄を一つの声として政治に投げかけることは県民、或いは国民の保健医療福祉の増進に大きく貢献できる手段の一つと考えます。

 現在、対象者の自律した生活を支援する制度の拡充に向け国政に働きかける団体として日本作業療法士連盟が活動しています。しかし、地方自治が進む今、国政に働きかけるだけでは不十分です。

 事実、介護保険や障害福祉サービス内容の一部は県政によって決定し行われています。このことから理解できるように県単位での連盟の設立が必要です。

 私たちは、単に自分たちの権利擁護や地位向上を望んでいるわけではありません。

 リハビリテーションに関する専門職として倫理観を持って広く社会に貢献していきたいと考えての行動です。

 私たち大分県作業療法士連盟は、(公社)大分県作業療法協会と連携を図り、県政に対して具体的な提言を専門職の立場から行い、地域で暮らす対象者の方々が、少しでもより良い保健医療福祉の恩恵に与れるように活動を展開します。
大分県作業療法士連盟



  大分県作業療法士連盟規約
(画像をクリックで拡大)
大分県作業療法士連盟
大分県作業療法士連盟
大分県作業療法士連盟大分県作業療法士連盟大分県作業療法士連盟
大分県作業療法士連盟